【新井信介講演会:『皆神塾(大阪)』DVD】(2018年4月8日開催)

「皆神塾(大阪)」(2018年4月8日開催)のDVDです。

全編で2時間35分(155分)の長編DVDです。

テーマ: 『潮目が変わった!! 北の「軍事モンスター」脱出宣言!!』

レジメ:

1) 1) 「潮目」になった平昌五輪 ・・・仕組まれた「千載一遇」 

直前軍事演習は陽動作戦 1200機ドローンと分断民族の願い(朝鮮戦争の裏)。 日本語(利権)空間は
「ほほえみ作戦」を疑う。 開幕式9日に妹与正が参加。 ペンスと同席も接触なし。 閉幕式25日に    イヴァンカと北の軍トップ金英哲(キム・ヨンチョル)中央委員会副委員長。
◎半島問題と森友・加計は一体。 財界主導の日本は続く?  2日にリニアモーターで、鹿島・大成に  東京地検特捜部。  朝日「書き換え」を報道。   5日、金正恩、南の使者に「もうミサイル飛ばさないので、ゆっくり眠って大丈夫」。  7日、小泉が外国人記者クラブで講演。  「反原発を自民党」「核兵器は    できない」この夜に近畿財務局職員自殺。  8日に判明。8日、平壌帰り特使、鄭義溶(チョンウィヨン)  国家安保室長がワシントンでトランプに報告。  「よし、会おう。」…9日(金)佐川国税局長が辞任。 
  
2) 「森友」発覚から一年。 日本の偽装体質が明るみになった。 
  安倍内閣の誕生は2012年12月。 これはアクエリアスの始まりだった。
2013年日本では「美しい国」。 裏で外務省の「尖閣」改竄。 戦争のできる国へ。
フランシスコと「シリウス」  トランプの登場の意味
 
3) 「100%日本の後ろに立つ」。 2月11日紀元節「神武ファンタジー」の真実。   列島支配者になっていた 「と金」人士とグローバリスト戦争屋(ハンドラー)。
◎国際政治の課題=東アジアの非核化・安定化 ⇒ 戦争屋退治。平和共存。                北の目的「国家存続」「日本の米国からの独立」。  国連総会「全会一致制裁」中身なし。 高麗神社。ロケットマンと老いぼれ。  誰も聞かない安倍「より強い制裁」演説。  地上戦は誰がする?      実行部隊の爪をはぐ(北朝鮮の爆発。自衛隊の斬首部隊)  

4) 用意された大阪地検特捜部。 偽装・改竄体質を変える。 内閣人事局と原発マフィア
 日本を変えるに、アメリカを変える。 原発マフィアは、イギリスと組んで抵抗。                   4月3日、 NHKが検証番組。

5) 安倍退陣への布石
  4月17日に日米首脳会談。 27日に南北会談。 5月の米朝会談の前に。

6) 日本はどこまで変われるか?
  新しい政治生体の登場を、検察を動かしている勢力は待っている。
「タルムード・ユダヤ人」と「真のユダヤ人」
CIA/FBIでなく、モサド取り込みに。真のユダヤ人は、国家存続と民族和解
  • 4,000円(内税)